イラストレーターの基本!ベジェ曲線をマスターするために覚えておきたいこと

イラストレーターの中心的存在といってもいいのがベジェ曲線です。いわゆる曲線のことですが、単なる曲がった線というわけではありません。アドビのイラストレーターには欠かせない特徴的な線であり、イラスト制作にも必須ですから必ず覚えておくべきだと言えるでしょう。そこで、ベジェ曲線を描くために欠かせない基礎的なポイントを講座としてまとめました。ベジェ曲線の描き方のポイントを3つ紹介していくので、今後のイラスト制作に役立ててください。

ベジェ曲線を描くコツ3つ

1.ベジェ曲線とパス

基礎講座の最初のポイントは、ベジェ曲線をはじめ、図形や線(=パス)を構成する要素について知ることです。
イラストレーターで描いた曲線をベジェ曲線と呼んでいます。ベジェ曲線はアンカーポイントとセグメント、方向線という3つのパーツで成り立っているのが特徴です。アンカーポイントはパスの基準点であり、セグメントはアンカーポイント同士を繋いでいる線、そして方向線はダイレクト選択ツールでアンカーポイントをクリックした際に見える線のことで、ベジェ曲線のスタイルを調整したい時に使われます。どれも綺麗な曲線を描くうえでは欠かせないパーツですから、きちんと覚えておきましょう。

アンカーポイントは単に線の始点や終点になるだけではなく、中間点としての役割がありますし、曲線の途中で折り曲げるためには必要となってきます。また、線を途中で枝分かれをさせたいという場合にもアンカーポイントは欠かせません。アンカーポイントの中間点とほかの線の始点を合わせることで枝分かれした曲線を作ることができます。方向線はセグメントの方向を決めるためのものであるため、曲線にしたり、曲線の角度を変えたりするためには不可欠です。このようにパーツ毎の役割がありますから、ベジェ曲線を使いこなしたいなら早めに習得しておくことをおすすめします。

2.ベジェ曲線を描くときに便利なツール

ベジェ曲線を描く時に便利なツールについて知るのも大切なポイントです。
ベジェ曲線を描く際に使うツールとして、「ペンツール」、「アンカーポイントの追加ツール」、「アンカーポイントの削除ツール」、「アンカーポイントの切り替えツール*」(*「アンカーポイントツール」ともいいます)があります。ベジェ曲線を描くためにまず必要となるのが「ペンツール」です。ほかのツールはあくまでもベジェ曲線の長さや角度、形などを調整するためのものになります。「アンカーポイントの追加ツール」と「アンカーポイントの削除ツール」は名前の通り、アンカーポイントの追加や削除をしたいときに活用できるツールです。さらに、「アンカーポイントの切り換えツール」を使用すると、アンカーポイントの変換方法によって、アンカーポイントの片側のセグメントのみを曲線にしたり、両側のセグメントをそれぞれ個別に調整したりして、様々な形状の曲線に変更できます。

また、ベジェ曲線を使うのなら、オブジェクトの選択方法も覚えておきましょう。オブジェクト全体を選択したい場合は「選択ツール」を使い、特定のアンカーポイントを選択したい場合には「ダイレクト選択ツール」を使います。思い通りのベジェ曲線を描くにはどれも必要なツールです。まずはベジェ曲線を描いてみて、それぞれのツールの役割を把握していってください。

アドビイラストレーターでベジェ曲線を上手く描くコツは?

アドビのイラストレーターでベジェ曲線を描くのが難しいと感じる人は多いです。ベジェ曲線がよくわからずにそのままイラストレーターの学習で挫折してしまう人もいるほどですから、上手に描くためのコツは押さえておくべきでしょう。そこで、ベジェ曲線を上手く描くコツについて訊いてみました。

上手く描くには練習あるのみ!?

  • 手を使って慣れさすしかありません。(20代/女性/パート・アルバイト)
  • たくさん使って、どれくらい引っ張ればどれくらい曲がるか感覚で覚える。(20代/女性/正社員)
  • 曲線はとても難しいですが、いかにアンカーポイントをうまい位置に持っていくかだと思うので、そこを丁寧にするよう心がけています。(20代/女性/学生)
  • ペンツールで点を多く取り、緩やかな曲線になるように調整していけば良いと思う。(20代/男性/パート・アルバイト)
  • 時間をかけてゆっくり書くことと、目線をできるだけ遠くにすることです。(20代/男性/個人事業主・フリーランス)

【質問】アドビイラストレーターでベジェ曲線を上手に描くコツを教えてください。
【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39
調査期間:2018年01月19日~2018年02月02日

アンケートを取ったところ、たくさん練習すべきという意見が最も目立っていました。たくさん使ってベジェ曲線の描き方に慣れていくことで上達していくしかないと考える人は少なくないようですね。アンカーポイントの位置や点の数を上手く調整することで思い通りの曲線が描けるという意見もありました。また、ゆっくりと丁寧に描くことも大切なポイントと言えそうです。さまざまな意見がありましたが、実際にはどんな練習方法がベジェ曲線の習得には効果的なのかを詳しくみていきましょう。

3.ベジェ曲線の練習法

ベジェ曲線を描くためには方向線をいかに操れるかが重要となってきます。直線であればペンツールで2回別の場所をクリックするだけでできてしまいますが、曲線の場合は方向線で調整する必要が出てきますから、まずはこの方向線の調整で曲線がどのように動いていくのかという感覚を掴むべきです。
手当たり次第に曲線を引いてみるだけでは正確な感覚は掴みにくいですから丸やハート、星などの単純な図形をトレースすることで練習していくといいでしょう。
特に、曲線のある図形であればベジェ曲線のいい練習になります。シンプルな図形のトレースができたら、数字やひらがな、アンドやクエスチョンマークといった記号などの文字をトレースしていくのも効果的です。それもできるようになったら、より複雑なイラストの外枠をトレースしたり、人物や動物などの複雑な写真の外枠をトレースしたりすることでスキルを磨いていけます。ずっとトレースをするだけの単純作業では挫折してしまいやすいため、飽きを感じたら簡単な形をトレースせずに自由に描いてみるのもいいでしょう。そうすることで高いモチベーションの維持もできますし、トレースを重ねた後で自由に描いてみれば上達できているかを確認することもできます。

ベジェ曲線が使いこなせるとイラストレーターが楽しくなる!

ベジェ曲線はコツを掴むまではなかなか難しいですが、使いこなすことができるようになればデザインの幅が格段に広がるのは確かです。思い通りの曲線が描けるようになることで、複雑なイラストの作成も可能になるでしょう。そうなれば、イラストレーターで作業するのが楽しくなっていくものです。せっかくイラストレーターを始めようと思っても挫折してしまっては非常にもったいないことです。何度もベジェ曲線を描きながらイラストレーターをマスターし、色々なイラストが描けるようにしていきましょう。

パソコンスクールアビバでは、イラストレーターを実践的な課題を通じて基礎から実務レベルまでスキルを身につけていきます。また、アビバは単なる機能習得ではなく、あなたのキャリアアップに向けたサポートに力を入れています。独自の自己診断サービス(BRIDGE-C)により、データ化されたあなたの強みや目指す姿に対する現在位置をもとに、教室スタッフ(キャリアナビゲーター)がカウンセリングしながらあなた専用の学習カリキュラムを組んでくれますので、着実に目指す姿へ近づくことができます。

「キャリアアップを目指せるイラストレーター講座を見る」