パソコン教室AVIVA(アビバ)のCAD講座まとめ

技術系・専門職でのキャリアを考えている方の中には、CADオペレーターを考えている方も多いのではないでしょうか。ひと口にCADオペレーターといっても、業界によって使われているCADソフトも使われる場面なども異なります。

ここでは、パソコンスクールAVIVA(アビバ)のCAD講座についてご紹介します。

目次

CADとは?

CADとは「Computer Aided Design」の略で、コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること、またはそれを行うためのツール・ソフトのことを指します。
CADが用いられる業界は非常に幅広く、建築・土木業界や機械製造業、服飾業界など多岐にわたります。
しかし、幅広い業界で使われているとはいえ、業界によってよく使われるCADのソフトが異なるため、CADオペレーターとしてのキャリアを考える際には、どの業界で働きたいかを考え、その業界でよく使われているCADソフトの活用スキルを習得する必要があります。

CADオペレーターとは?

CADオペレーターとは、その名のとおりCADソフトのオペレーターです。CADソフトを操作して、デザイナーや設計者が考案したものの形状を図面や3Dデータなどにする仕事で、専門的な技術やソフトの操作スキルが求められる技術系専門職です。
また、CADオペレーターとして働くにあたり、必須の資格はないので、未経験からCADオペレーターになることも可能です。とはいうものの、現場においてCADオペレーターはCAD操作の専門家として扱われるため、CADの利用経験や設計・製図の知識があること、CAD関連資格を持っていることなどは、就職・転職の際に高く評価される傾向にあります。

アビバのCAD講座の特徴

初学者でも安心して学べるカリキュラム・コース設計

CAD未経験者でも仕事で使えるスキルを身につけられるように、仕事の場面で頻繁に使われる機能を厳選し、実際に手を動かして操作しながら、映像解説を用いて学習できるように、カリキュラム・コースが設計されています。

認定校舎で業界スタンダードなソフトを学習

アビバを運営するリンクアカデミーは、2016年時点で汎用CAD「AutoCAD」の開発会社オートデスクの認定トレーニングセンター学校数NO.1の実績を誇っており、業界スタンダードなソフトの活用スキルを学ぶことができます。

疑問点を残さないきめ細やかな学習サポート

質問対応の授業では、受講生専用サイトが用意されており、チャットや音声で質問することができます。受講生の理解度に合わせて、用語の解説から操作方法まで、丁寧にアドバイスするサポート体制が整っています。

初心者でも学習しやすい教材

学習目的やポイント解説、操作手順の映像を視聴しながらの授業なので、イメージしやすく、理解が深まります。また、さまざまな課題を通して学習できるテキストは、できるようになっている実感が湧くため、機能や操作方法を楽しみながら反復学習ができ、操作スキルを身につけることができます。

アビバのCAD講座の種類

機械CADコース

好調な自動車産業や半導体産業、機械業界で高いシェアを誇る「AutoCAD」のスキル習得を目指すコースです。

3D CADコース

「Fusion 360」という3D CADソフトで3Dモデリングを学び、3D CADを学ぶコースです。

建築CADコース

建築業界でシェアの高い「AutoCAD」と、知名度の高い「Jw_cad」の講座が用意されているコースです。

アビバのCAD講座受講者の声・口コミ

北山さん
もともと機械設計に興味があったことと、今の職場にCADを扱える人が工場長しかおらず、必要性を感じたので、受講することにしました。スタッフの方に相談すると的確なアドバイスをもらえるので良かったです。授業内容も大変わかりやすくなっていて、とてもやりやすかったです。

受講前にはまず資料請求・無料体験を!

CADオペレーターというキャリアを目指す方は、ぜひ一度資料請求や無料体験にお申込みください!