あなたはどれ?4つの思考パターン別に考える、挫折しない勉強法

人生100年時代と言われる現代では、社会人になった後でも時代の変化に対応できるように新たな資格やスキルを身につけ、自己研鑽に励み続けることの重要性がかつてないほどに高まっています。

しかし、読書や友人の頑張りなどから刺激を受けていざ新たな資格やスキルの勉強を始めようと思っても、なかなかモチベーションが続かずに3日坊主で終わってしまうという方も少なくないのではないでしょうか?

3日坊主で挫折せず、継続的に学習を続けるうえで効果的なのは、自分がどんなときに挫折をしやすく、どんなことにモチベーションを感じやすいのかを正しく理解することです。自分の思考パターンの特徴を把握しておけば、パターンに応じて適切な学習環境づくりを行なうことができます。

そこで、今回はリンクアカデミーの親会社であるリンクアンドモチベーショングループが提唱する「モチベーションエンジニアリング」のメソッドに基づき、人の思考行動特性を4つに分けて、それぞれのタイプの特徴をご紹介したいと思います。

4つの思考パターン別に、挫折しやすいポイントを理解しよう

モチベーションエンジニアリングには「診断技術」と「変革技術」があるのですが、このうち診断技術においてはサーベイに基づいて人の思考行動特性を下記の4つに分類します。

  1. アタックタイプ
  2. レシーブタイプ
  3. シンキングタイプ
  4. フィーリングタイプ

アタックタイプ(達成支配欲求)

アタックタイプは、自力本願で強い意志を持ち、成功を収めたい、人の上に立ちたいという欲求を強く持つタイプの人です。このタイプでは、数字など明確な目標が設定されると強いエネルギーが生まれ、加えて同じ目標を追いかけるライバルがいるとさらに頑張ることができます。一方で、このタイプは他人に負けたくないという気持ちが先行してスタートダッシュから頑張りすぎてしまい、途中で燃え尽きてしまう「燃え尽き型挫折」をするケースがよくあります。そのため、アタックタイプの場合は過度な競争心に身を滅ぼすことなく、勉強はあくまで自分との戦いであることを認識したうえでスタート段階のペースをしっかりと守るということが挫折を防ぐポイントとなります。

レシーブタイプ(貢献奉仕欲求)

レシーブタイプは、周囲の要求にこたえ、他者に尽くすことで自分の存在意義を感じるタイプの人です。このタイプは、ゴールに到達するかどうかよりもそのプロセスで自分が貢献できているかどうかが重要であり、他者から必要とされていると実感するとモチベーションが上がります。一方、自分を応援してくれる人や自分に期待してくれる人が見つけられないと、努力する意義を見出せずに挫折してしまう「孤独型挫折」をする傾向があります。そのため、レシーブタイプの場合には自分自身に期待をしてくれ、ときに助言などもくれるメンターを見つけることが挫折を防ぐポイントとなります。

シンキングタイプ(論理探求欲求)

シンキングタイプは、あらゆる物事を分析的に捉え、真理を追求することに喜びを感じる学者肌のタイプの人です。このタイプは、合理的だと感じられることについては努力できるのですが、逆に理不尽な努力や非合理的な行動にはモチベーションを感じません。また、失敗や人から馬鹿にされることを嫌う傾向もあります。このタイプは、壁に直面したときに、その壁を乗り越えられない自分を受け入れることができずに挫折してしまう「逃避型挫折」をする傾向があります。そのため、シンキングタイプの場合にはあらかじめ計画の中に「失敗すること」を織り込んでおき、挫折しそうなときにも客観的な視点からアドバイスをくれるメンターを置いておくことが挫折を防ぐポイントとなります。

フィーリングタイプ(審美創造欲求)

フィーリングタイプは、想像力や自由な発想に基づいて物事を感覚的に捉えるのが得意なクリエイタータイプの人です。このタイプは常に新しいことを追い求めるのが好きで、自分の個性を発揮でき、それが認められる環境だとモチベーションが高まります。一方で、同じ単純作業をコツコツやるのは苦手で、自分の発想力や個性をうまく発揮できないと「退屈型挫折」をしてしまう傾向にあります。そのため、フィーリングタイプの場合は、退屈で面倒な作業を「歯磨き」のように意識しなくても自然にできるように「ルーティン化」してしまうことが、挫折を防ぐポイントとなります。

自分のタイプを理解して、挫折を防ごう!

いかがでしょうか?皆さんも上記であげた4つのうち、いずれかのタイプに当てはまるのではないかと思います。挫折を防ぐためには、自分がどのようなタイミングやきっかけで挫折しやすいのかを理解し、それに合った対策を用意しておくことが重要となります。ぜひ上記を参考に、自分なりの挫折防止策を考えてみましょう。

また、リンクアカデミーでは受講生の皆様に受講前に上記4タイプを診断するサーベイを受けていただいています。サーベイ結果に基づき、一人一人のタイプに合った学習スタイルの確立をサポートすることで目標達成を支援してみます。

自分がどのタイプに当てはまるのかを正確に知りたいという方、自分に合った学習スタイルで資格やスキルの習得に取り組みたいという方は、ぜひリンクアカデミーにお越し下さい!

【詳細ページ】パソコンスクールAVIVAの詳細を見る
【詳細ページ】資格スクール大栄の詳細を見る