CADオペレータの魅力 ~ワークライフバランスの実現~

CADオペレータの働き方

CADオペレーターは、専門スキルが必要な仕事だとされています。そのため、働く側が柔軟な働き方を選択出来ることが大きな魅力です。例えば「CADオペレーター 求人」とネット検索すると、正社員は勿論、派遣社員、パート、在宅など様々な雇用形態での求人募集があります。これだけ様々な雇用形態が選択できることからも、CADオペレーターの職種が女性に人気があるのも頷ける結果ですよね。
一度身に着けた技術・知識はあなたの人生の味方になってくれます。生活スタイルが変化しても、「働く」「働き続ける」働き方を選択出来るのは、自身の専門スキルが武器になるからです。
具体的には、どんな働き方が出来るのでしょうか。いくつか例を見てみましょう。

在宅で働く

現在、『インターネット環境などITの発達』や『働き方改革』を背景に、自宅などで仕事をするテレワーク推奨の企業も増えてきています。企業にとっても、働く人にとってもメリットが大きいため、今後も対応企業は増えていくとも言われています。
その中には、在宅でCADオペレーターとして働く方もいらっしゃいます。企業から依頼を受け、パソコンでCADソフトを使用して図面を作成し、完成したらメールに添付して送る。基本的な在宅CADオペレーターの仕事の流れです。もちろん打ち合わせも必要で、メールや電話での簡単な打ち合わせで済む依頼内容の時もあれば、対面での打ち合わせが必要な複雑な依頼内容の時もあります。在宅CADオペレーターの最大の魅力は、自分の生活に合わせて仕事時間・仕事量を調整することが出来ることです。

やはり、在宅で働くうえでは、CADオペレーターのように特別なスキルを持っていることは大きな強みになります。まず、CADオペレーターの求人に対し、CADを操作できる求職者は常に不足していると言われているので、仕事を得るチャンスが多くあります。また、報酬に関しても、専門スキルなので高く設定されていることも素敵なことですね!

派遣社員として働く

CADオペレーターの仕事は、『業務量に波がある』ことで、派遣社員としての需要が多くなるようです。そのため、CADオペレーター専門の派遣会社も存在します。派遣社員として働くメリットのひとつに、事前に「働く条件」を伝えられることがあります。希望する勤務時間、休日、給与などを伝え、その条件に合う職場を紹介してもらいます。働く側としては、持っているスキルにもよりますが、条件のより良い職場を選ぶことができそうです。

派遣社員としてのCADオペレーターは、設計士が図案を決めてからのプロジェクト始動となることもあり、期間を限定して働くことも可能です。例えば、子どもが家にいる夏休み、冬休みは働かないといった希望が出せたら、主婦としては嬉しいですよね!

CADオペレーターの適性

こうした魅力の多いCADオペレータですが、CADオペレーターに向く人とはどんな適性を持った人なのでしょうか。CADオペレーターの仕事は、長時間パソコンの前に座り、細かい図面と向き合い続けている仕事をイメージする方も多いと思います。正確さを求められ、忍耐力や集中力が必要とされる仕事なので、細かい作業やコツコツとしたことが苦手な人には、不向きな仕事かも知れません。だからと言って、画面に向かっているだけで良いというわけではありません。
どんな仕事も、ひとりで仕事が完結することはありません。依頼主との打ち合わせ、設計士やデザイナーからの指示や話し合いなど、その仕事に携わる人たちとスムーズにコミュニケーションが取れることも大切な適性です。

どのような形で働くにしても、持続力・忍耐力・計画力などのスキル、また、傾聴力・説得力などのコミュニケーションスキルが求められます。これらの能力は、生まれ持った能力ではなく、必ず磨けるスキルです。建築、機械部品、アパレルなど、自分の好きな分野でCAD専門スキルを身に付けるとともに、こうしたポータブルスキルをも身に付けて、自身の望む働き方を長く続けていきたいですね。