CADオペレーターになるには?資格の種類・まとめ

「CADオペレーターに興味はあるけど、資格とか必要なの?」「CAD関係の資格がいろいろあるみたいだけど、どれを取得すればいいの?」という疑問にお答えして、今回は、CADオペレーターとその関連資格についてまとめてみました。キャリアアップや転職でCADオペレーターを考え、スキルアップのために資格取得を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

CADオペレーターとは?

CADオペレーターとは、その名のとおりCADソフトのオペレーターです。CADオペレーターとして働くために取得が必須の資格はありません。そのため、弁護士や社労士のように資格によって、独占業務が保護されているという職種でもありませんが、言い換えれば誰でもなれるということでもあります。

ただ、誰でもなれるとはいえ、実際のCADオペレーターの求人では、CADソフトの利用経験が採用条件になっていることも少なくありません。

CADオペレーターの仕事とは?

CADオペレーターの仕事は、端的にいうと、CADソフトを操作して、デザイナーや設計者が考案したものの形状を図面や3Dデータなどにすることです。CADを扱えないデザイナーや設計者の代わりに、CADを操作する専門家という立場になることが多いでしょう。
そのため、取得必須資格はないものの、現場ではCADのスキルはもちろんのこと、設計や製図についての知識が求められることもあります。

CADオペレーターの資格まとめ

CADオペレーターに関連する資格のほとんどは、一定のCAD操作スキルを有することを証明するものなので、就職・転職ではスキルレベルのアピール材料として使われることもあります。ただし、CADソフトにもいろいろな種類があり、業界によってスタンダードなソフトが異なりますので、就転職でのアピールポイントとして資格取得を考えている方は、目指している業界でよく使われるCADソフトに関連した資格か、汎用性の高いCAD資格を取得するのが効果的です。

それでは、有名なCADオペレーターに関連する資格をご紹介します。

  • CAD利用技術者試験
  • CAD実務キャリア認定制度
  • 建築CAD検定試験
  • オートデスク認定資格プログラム
  • Vectorworks操作技能ベーシック認定試験
  • CADトレース技能審査

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)によるCADの知識・スキルを証明できる民間資格です。
2次元CAD、3次元CADそれぞれの試験が用意されており、2次元CADでは基礎、2級、1級とレベルが上がっていき、1級にはさらに専門的に機械・建築・トレースの3分野が用意されています。3次元CADでは、2級、準1級、1級が用意されています。

CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度は、NPO法人日本学び協会によるCADの実務的技術・技能の成果を認定するための民間資格です。
CADアドミニストレーター認定試験、3次元CADアドミニストレーター認定試験、3次元CADトレーサー認定試験の3種類があります。

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験は、一般社団法人全国建築CAD連盟による日本初の建築CADの資格試験です。
建築用図面をCADで描く技術・技能を測る、建築CADに特化した資格です。試験の等級は准1級、2級、3級、4級が用意されています。(4級は高校による団体受験のみ実施)

オートデスク認定資格プログラム

オートデスク認定資格プログラムは、有名なCADソフトAutoCADを提供するオートデスクによる全世界共通の認定資格制度です。初級ユーザー向けのオートデスク認定ユーザーと、中・上級ユーザー向けのオートデスク認定プロフェッショナルの2コースが用意されています。

Vectorworks操作技能ベーシック認定試験

Vectorworks操作技能ベーシック認定試験は、汎用CADソフトVectorworksを提供するエーアンドエーによるVectorworksの操作技能認定試験です。Vectorworksの2次元、3次元、データベース等の基本機能と、Renderworksの基本操作技能を取得していることを認定する試験になります。
(ベーシック認定試験の他に、マスター認定試験もありましたが、現在は実施されていません。)

CADトレース技能審査

CADトレース技能審査は、中央職業開発協会が実施する厚生労働省認定の公的資格でしたが、平成29年度の後期試験を最後に終了となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。建築や自動車などさまざまな業界で幅広く活躍できるCADオペレーターになるために資格は必要なのか、関連する資格はどういったものがあるのかなど、CADオペレーターの資格に関する情報をまとめてみました。
CADオペレーターは、特別な資格は必要ありませんが、現場では実践的な技術・技能が求められることが多いため、スキルアップ・キャリアアップのために資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、リンクアカデミーが運営するパソコンスクールAVIVA(アビバ)では、CADのスキル取得やCAD関連資格に関するコースが用意されています。CADオペレーターを検討している方は、ぜひ一度資料請求や無料体験を申し込んでみてください。

【詳細ページ】アビバのCAD利用技術者試験対策講座の詳細を見る
【詳細ページ】アビバのCADコースの詳細を見る