Webデザイナーを目指すために必須のスキルとは?

Web業界でキャリアを積みたいと考えている方の中には、Webデザイナーを検討している方もいると思います。しかし、Webデザイナーとはよく聞くけれど、Webデザイナーになるにはどんなスキルが必要で、実際にどんな仕事をするのかが分からないという方も少なくありません。今回は、Webデザイナーの仕事と必要なスキルをご紹介します。

Webデザイナーとは?

Webデザイナーは、広い意味で捉えると世間一般ではWebサイトを作成する人と認識されているため、Webコーダーと混同されがちな職業ですが、WebコーダーがWebサイトのコードを書く専門家なのに対し、WebデザイナーはWebサイトのデザイン・レイアウトを考える職業です。

Webサイト制作を分業化できないような中小規模の会社では、実際のところWebデザイナーがサイトデザイン・レイアウトを考えて、さらにコーディングも行うこともよくありますが、本来でいえば、その名のとおりWebサイトをデザインする仕事です。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーとして働くために必要となるスキルには、いったいどのようなものがあるのでしょうか。本来のWebサイトをデザインするという部分だけでなく、Webデザイナーとして働くことになった場合に、往々にして求められるスキルについて、実際のところはどうなのかも踏まえて、ご紹介します。

  • デザインスキル
  • コーディングスキル
  • プログラミングスキル
  • Webマーケティングスキル

デザインスキル

Webデザイナーとして働く際には、デザインスキルは必ず求められるスキルです。応募条件で、Photoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)といったグラフィックソフトを扱えることが必須になっているケースも少なくありません。

また、実務の上でも、Webサイトで使うパーツやバナーを作成することがあるため、Webデザイナーとしてのキャリアをスタートさせる前に、フォトショップやイラストレーターを使えるようにスキルアップをするようにしましょう。

コーディングスキル

コーディングスキルとは、Webサイトのデザイン案を実際のWebサイトに反映させるスキルです。具体的に言うと、HTMLとCSSという言語を用いて、Webサイトのコードを記述するスキルになります。

WebデザインとWebコーディングにそれぞれ専任の担当者がいて、明確に作業を分けているような場合には、強く求められることはありませんが、コーディングもWebデザイナーがデザインと共に行うケースが一般的になりつつある現在では、身につけておくことが推奨されるスキルです。

また、デザインとコーディングがそれぞれ専任担当となっている場合でも、コーディングについての知識があることで、コーダーとの意思疎通がスムーズになったり、無理難題なデザインをしてしまったりすることがなくなるというメリットがあります。

プログラミングスキル

ここで言うプログラミングスキルは、特にWebサイトに関係の深いプログラミング言語を取り扱うスキルです。具体的には、PHPとJavaScriptのプログラミングスキルを求められることがあります。

PHPは、世界的にもよく利用されているオープンソースのCMS「WordPress(ワードプレス)」で、手の込んだカスタマイズをする際には、習得するのがほぼ必須と言っても過言ではないプログラミング言語です。

また、JavaScriptは、Webブラウザ上で動きや変化を持たせるWebサイトを作る際に、よく使われるプログラミング言語で、ユーザーのカーソルの動きやクリック、ページスクロールなどに連動してWebサイトを変化させたい場合には、JavaScriptでプログラミングする必要がでてきます。

Webマーケティングスキル

Webマーケティングスキルについては、なくても最低限のWebサイト制作はできるけれど、あればさらに良いという類のスキルです。基本的にWebサイトであれば、そのWebサイトで達成したい目標や解決したい課題があると思います。そうした目標達成や課題解決のためには、Webマーケティングのスキルが必要になります。

いくらキレイで見やすく、ユーザーにとって有益なWebサイトが作れても、そのWebサイトがユーザーの目に触れなければ、存在しないのと同じで、目標達成や課題解決をすることができません。

Webマーケティングの知識やスキルを身につけることで、検索エンジンに高く評価されやすく、よりユーザーの目に触れるWebサイトにすることができるようになります。

Webデザイナーを最短で目指すならスクール受講がおすすめ!

Webデザイナーに求められるスキルは幅広く、ツールの使い方なども身につけなくてはなりません。書籍や学習サイトなどを使った独学という方法もなくはないですが、自分ひとりの力で習得するのは、困難を極めます。

これらの多岐にわたる知識やスキルを効率的に学ぶには、パソコンスクールで必要なスキルに関する講座を受講するのがおすすめです。独学では体系化や整理がしづらい知識も、整理されたテキストできちんと学ぶことができますし、ツールの使い方も実際に手を動かしながら反復練習することで身につけることができます。

実際にWebサイトを作るといった学習課題が出されるスクールも多く、より実践的な形でWebデザイナーの仕事について、知ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Webデザイナーの仕事についてと、どういうスキルを求められるのかについてご紹介しました。現在ではコーディングやプログラミングのスキルを求められることもあるので、Webデザイナーとして働き始めるときに困らないためにも、計画的にスキルアップを図るようにしましょう。

なお、リンクアカデミーが運営するパソコンスクールAVIVA(アビバ)では、Webデザイナーで求められるスキルやツールの使い方を学ぶためのコースを用意していますので、これからWebデザイナーを目指すという人も、効率的にWebデザイナーに必要とされるスキルや知識を身につけることができます。

アビバのWebデザイナーコースが気になった方は、ぜひ一度資料請求や無料体験をお申し込みください。

【詳細ページ】パソコンスクールAVIVA(アビバ)のWebデザイナーコースの詳細を見る