初心者でもすぐ実践できる!HTMLの勉強方法を徹底解説

HTMLは初心者向けの言語といわれていますが、使いこなせるようになるにはそれなりに勉強しなければなりません。Webサイトを作れるようになりたいのか、ブログのテンプレートをアレンジできるようになりたいのか、目指すレベルや目標によって勉強する範囲も変わってくるでしょう。どちらにしても、HTMLの基本はしっかり学んでおきたいところです。今回は、初心者が効率的にHTMLを学べる方法を3つ紹介していきます。

【勉強方法1】動画サイトを参考にする

動画サイトのメリットは、音声や字幕での説明を見ながら実際のHTMLの書き方を目視できる点です。
HTMLはルール通りに正確に記述をすれば、イメージ通りに表示されます。しかし、初心者のうちはケアレスミスや理解不足によってコーディングミスが出やすいものです。Webサイトの構造が複雑になるほどタグの量は増えていきます。狙い通りに表示されない原因を見つけるのも、それだけ大変になります。記述内容と表示内容を動画で見ることができれば、自分がHTMLタグを組むときもイメージしやすくなるでしょう。動画サイトは自宅にいながら体系的に学習したい人におすすめです。

一方、動画サイトのデメリットは、自宅にパソコンがないと独学が難しい点です。スマートフォンやタブレットがあれば簡単にインターネットを利用できるので、家ではパソコンを使わないという人も増えています。動画を見るだけならスマートフォンやタブレットでも十分ですが、HTMLの入力をスマートフォンで延々と行うのは無理があるかもしれません。動画サイトでの本格的な勉強を検討しているなら、自宅用にパソコンを購入したほうが良いでしょう。

【勉強方法2】HTMLの参考書で勉強する

HTMLに関する市販の参考書はたくさんあります。参考書のメリットは、学習する人のレベルに合わせて参考書を選べる点です。初心者用から中級者用、上級者用のほか、タグ辞典、Webサイトの作り方、コーディングの考え方など、内容もいろいろです。勉強の目的によって好きな本を探せるので、マイペースに勉強したい人にはいいでしょう。
参考書1冊は数千円する場合が多く、参考書単品で見たら少々高く感じるかもしれません。しかし、参考書は1度買っておけばそのあとの費用はかかりません。参考書の知識を吸収すればするほど、コストパフォーマンスは良くなっていくでしょう。

参考書のデメリットは、基本的に独学での勉強になるため、モチベーションの維持が難しくなりやすい点です。
参考書内で理解しにくい箇所があっても、HTMLに詳しい人が周りにいなければ相談も難しいでしょう。わからない点がそのままになってしまうと、やる気もなくなりやすいです。参考書で独学する場合は、なぜHTMLを学ぶのか目的意識をハッキリさせる、わかるまでとことん調べるなどの気持ちが大切です。HTMLは独学でも、やる気次第で十分習得可能です。毎日どのくらいの時間勉強するのかをしっかり決めて、計画的に学習していきましょう。

【勉強方法3】スクールに通う

スクールで学ぶメリットは複数あります。まず、わからない点はすぐに質問できる点です。独学では理解しにくい内容でも、効率的に勉強できます。スクールでは通常、受講者のレベルに合わせてカリキュラムを組んでいます。ほかの受講者も初心者のケースが多いので、周囲の環境を気にすることなく勉強に集中できるでしょう。

モチベーションを維持しやすい点もスクールで通うメリットのひとつです。独学の勉強でモチベーションが低下しやすいケースとして多いのは、わからない内容が多く勉強が進まない、勉強に関する不安や不明点を相談できる相手がいない、1人なのでサボりやすいなどが挙げられます。

スクールでの勉強なら、独学にありがちなマイナス要因は簡単にクリアできるでしょう。スクールはお金がかかるのがデメリットだという声もありますが、お金を払っているからこそ勉強に身が入る場合もあります。知識面でも実践面でも体系的に学べるので、独学に自信がない初心者はスクールでの勉強がおすすめです。

効果が高い勉強方法はどれ?

HTMLの勉強で効果的な方法について、アンケートを実施しました。

【質問】
初心者がHTMLの勉強をする場合に効果的なのはどのような方法だと思いますか?

【回答結果】
参考書:51
動画サイト:35
スクール:32

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2018年07月09日~2018年07月16日

参考書を購入して勉強する人が多い模様!

一番多かったのは参考書での勉強でした。

  • 私は書店で販売しているHTMLの参考書で学びました。おすすめする理由は、ゆっくりとパソコンと参考書を見ながら自分のペースでできるからです。スクールや動画も良いと思いますが、初心者にはペースが速いことも多いです。まずは自分のペースでゆっくりと学ぶにはとても良いと思います。(40代/女性/個人事業主・フリーランス)

参考書ならマイペースで学習できる、という声が多く見受けられました。次に多い回答は動画サイトです。

  • 動画サイトは基本的に無料でステップを追って解説してくれるため。スクールだとお金がかかるし、参考書だと安いがモチベーション継続が難しいため、動画サイトでの勉強は折衷案として良いと感じる。(30代/男性/学生)

実際にコーディングしている場面を見られるのでわかりやすいという回答が多かったです。最後に、スクールと答えた人たちの意見を見てみましょう。

  • 私は職業訓練校でHTMLの勉強をしたのですが、スクールに行く方が疑問や質問をすぐに聞くことができて、覚えやすかったからです。(20代/女性/無職)

スクールの利点はわからない点をすぐに質問できる点だという人が多かったです。

スクール以外の回答では、なるべくお金をかけずに勉強したいと考える傾向にありました。たしかに、スクールは費用がかかりますが、その分効率的に学習できるのがメリットでもあります。特に、モチベーション維持が難しい人にはおすすめの方法と言えるでしょう。

初心者が着実にHTMLスキルを身につけたいのならスクールで!

動画サイトや参考書ならお金をかけることなく独学ができます。しかし、初心者のうちは知識の偏った学習になってしまったり、間違えて覚えてしまいそのことに気づかないままになってしまったりなどのリスクが伴います。
スクールなら正確に学習ができ、もし間違えてしまっても気づきやすいのがメリットです。初心者が着実にHTMLを身につけるなら、スクールでの勉強を検討しましょう。

リンクアカデミーなら、受講生の方に対して実施している独自の自己診断サービス(BRIDGE-C)を用いたサポートで、やる気を維持した状態でスキルが身に付くだけでなく、学んだ後に叶えたい一人ひとりの夢やキャリアアップの実現に向けた準備を進められます。ぜひ、現在の自分に向き合う機会として、是非一度パソコンスクールアビバ・資格スクール大栄へ運んでみてはいかがでしょうか。

「初心者でも自分のペースで着実にスキルが身に付くHTMLベーシック講座を見る」
「学びながら就業サポートも受けられるWebデザイン講座を見る」