Photoshopでイラスト作成!押さえておきたい描くためのコツ

写真加工ソフトとして有名なPhotoshopは、さまざまな機能を駆使することでイラストの作成も可能です。ただ、多彩な表現ができる反面、多機能すぎて使いこなすのが難しい一面もあります。今回は、Photoshopのイラスト作成方法として、工程ごとのポイントやコツを紹介していきます。段階を追って少しずつ覚えていきましょう。

Photoshopでイラストを描くときのコツは?

イラスト作成経験者に、Photoshopでイラストを作成する際のコツを聞いてみました。

レイヤーの使い方やツールを覚えるのが鍵!

  • 彩色の場所ごとにレイヤーを分けておくとわかりやすく、あとで色の調整もできて便利です。(20代/男性/個人事業主・フリーランス)
  • 何を描くか、描くパーツによってブラシの種類や色を使い分ける。線画の時点である程度質感が出せるし、黒以外の色で描くと後々加工しやすい。(30代/女性個人事業主・フリーランス)
  • とにかく、いろんなツールを覚えて、いろいろ使いながら慣れていくのが一番かと。人によって使うツールの頻度はさまざまだと思われるので。(20代/女性/パート・アルバイト)
  • スターツールや長方形ツールなどの図形ツールを活用していけば,上手いイラストが描けると思います。(20代/男性/パート・アルバイト)
  • パースを使いこなせるようになると、スッキリとしたきれいな線で表現することができます。陰影をつけるときにも向いています。(30代/女性/個人事業主・フリーランス)

【質問】Photoshopでイラストを描くときのコツを教えてください。
【回答結果】
フリー回答
調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39
調査期間:2018年04月17日~2018年04月24日

Photoshopは何回でも書き直しできるのがメリットです。そのためにはレイヤーをいかに使いこなすかがポイント、という意見が多く聞かれました。Photoshopの基本機能をマスターすると、効率的にイラスト作成ができるという声も多いです。

Photoshopでイラストを描く手順

Photoshopでイラストを描く場合、大体の手順を把握しておくと、手戻りすることなく効率的に作成できます。

まずは、どのようなイラストにするのか大まかなイメージを決めてから、大ラフを描いていきましょう。最初にラフ画を描いておくと、絵のバランスや構図が崩れにくく、線画を描くときの目安にもなります。大体描き終えたら、大ラフをもとにラフ画を完成させます。

ラフ画で細かい部分を描きこんでいったら、着彩に移りましょう。まずはベタ塗りでざっくり色を塗ってから、影やハイライトなど細かい部分を描きこんでいきます。

最後にトーンカーブや色収差などを利用して、エフェクトをかけて仕上げを行えば完成です。

下絵や線画の描き方は?

人間や動物などのキャラクターを作成する場合は、Photoshopでざっくり大ラフを描いてから各パーツを下塗りしていきます。

下塗り前の線画はペイントツールを使用します。筆圧を調整しながら細い線で描いていくと、線が柔らかくなっておすすめです。下塗りはベタ塗りでOKですが、質感や立体感を意識しながら塗っていくと、そのあとの作業がしやすくなります。

街並みや駅などの背景では、ラフを手書きで、線画をPhotoshopで行う方法があります。
まず、ラフ画から線画を紙に描いてデータ化し、Photoshopに取り込みましょう。線画を抽出するために黒いベタ塗りレイヤーを作ってから画像を選択してマスクを作成すると、線画が抽出されます。Photoshopを利用すると、細かい線画も簡単に描けるのがメリットです。

キャラクターの描き方

イラストの完成度を高めるために、ラフを描く前に性別や職業、性格、年齢など、キャラクターのイメージを固めておきます。キャラクター仕様書を作成しておくと、ラフ画や着彩で迷ったときに仕様書に戻ってイメージを確認できて便利です。

キャラクターを決めたら、仕様書をもとにラフ画を描いていき、下書きをします。
キャラクター作成の場合、一番目立つのは顔の表情です。特に目元はキャラクターの印象を左右する重要な部分ですので、キャラクターのイメージやイラスト全体のバランスを見ながら、下書きの時点でしっかり描きこんでおくと良いでしょう。

着彩は、肌、髪、洋服、小物などパーツごとに塗っていくと色塗りしやすく、あとから修正する場合も楽になります。

背景の描き方

イラスト作成では、キャラクターを引き立てるための背景も重要な要素です。駅や街並み、室内などの背景を描く際に基本となるのがパースです。

消失点の数によってパースの描き方が変わります。一点透視パースは消失点がひとつのみで最もシンプルな描き方です。高層ビルを見上げるあおりや上から見下ろす俯瞰の構図では、消失点が3つの3点透視パースで作成するパターンが多くなります。

Photoshopでパースを作成する場合は、ガイドでアイレベルを決めてからペンツールで消失点を決めていき、ペンツールで引いた線に色をつけると真っ直ぐなグリッドが引けます。手書きよりも楽にパースが引けるので、ぜひ試してみましょう。

カラーをのせるポイント

イラスト作成でよく使用される方法に、グリザイユ画法があります。ラフ画の段階で、グレースケールでイラストに濃淡をつけておき、着彩の段階で色をつける方法です。影の部分やハイライトなどがわかりやすく、立体感のあるイラストに仕上がりやすいのがメリットです。

キャラクターや背景のパーツごとに色をのせていく場合は、選択ツールやレイヤーを使用します。
たとえば、肌色を塗る場合、顔や手、足などのパーツを、選択ツールで選択した上でカラーをのせると、ペンツールでベタ塗りしても線の外に色がはみ出しません。背景とキャラクターはレイヤーを分けておき、色塗りまで終わってから合成します。背景やキャラクターのみ手直ししたいときも、レイヤーを分けておけば効率的です。

講座で知ったポイントを実践しよう

今回のPhotoshopイラスト作成講座は、あくまでも基本のやり方です。講座で紹介した方法以外でもさまざまなツールがあるので覚えておくとさらに表現の幅が広がるでしょう。ただし、完成度の高いイラストを描くには基本のマスターが重要です。まずは、ペンツールや選択ツールの種類、レイヤーの使い分けを覚えると、思ったとおりの表現ができるようになりますPhotoshopを使いこなせるように、たくさんイラストを描いてどんどん練習していきましょう。

パソコンスクールアビバでは、自己診断サービス(BRIDGE-C)を利用し、あなたのキャリアアップをサポートいたします。BRIDGE-Cでモチベーションを効果的に向上するポイント、将来目指す姿、目指す姿に対する現在位置などをデータ化し、教室スタッフ(キャリアナビゲーター)がBRIDGE-Cによる診断結果やお客様とのカウンセリングを通じて学習内容とスケジュールを組んでいきます。
あくまでBRIDGE-Cはサポートの一例ですが、アビバではスキル習得にとどまらず、目指す姿の実現に向けたサポートを行いますので、就職・転職を考えてイラストレーターを始めたいと思う方はぜひ、アビバへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

「就業サポートを受けながらイラストレーターを学べる講座を見る」