目標設定だけで合格率が変わる!?簿記3級に合格するための目標管理術

経理や財務などの仕事に就く方はもちろん、数字に強くなりたい営業マンや個人事業主として独立される方、就職活動生からスキルを身につけたい主婦まで幅広い方々から人気がある資格が、商工会議所が主催する「簿記3級」です。

はじめて簿記を学ぶ方にとっての最初の関門でもある簿記3級は、比較的取得が簡単な資格と言われることも多いのですが、実際の合格率は48.9%(第148回・平成30年2月25日開催データ)となっており、決して誰もが楽して取得できる資格というわけでもありません。

そこで、今回ははじめて簿記3級を学ぶ方向けに、簿記3級の合格率を高めるための目標管理術についてご紹介したいと思います。

目標設定だけで合格率は変わる!?

簿記に限らずどんな資格の勉強にも当てはまることですが、最短の道のりで試験の合格を目指すうえで重要なのは、いかに適切な目標設定をするか、という点です。この「目標設定」というプロセスは私たちの想像以上に学習効率や成果を左右する重要な要素となっており、適切な目標設定ができているかどうかは試験の合格率にも大きく影響してきます。

それでは、試験の合格率を高めるために、目標設定を行う際にはどんな点を心がければよいのでしょうか。ぜひとも意識したいポイントは下記の2つとなります。

  1. 目標は高い基準に設定する
  2. 目標は近くに設定する

それぞれについて詳しく説明します。

目標は高い基準に設定する

目標設定をするときは、目標達成が困難な高い基準に設定する方法と、達成がより簡単な低い基準に設定する方法の2つがあります。結論から言うと、より成果が出やすいのは前者の方法です。

簿記の初学者が簿記3級の合格を目指す場合、簿記3級だけではなく簿記2級の試験日もあらかじめ決めて勉強をスタートする人と、まずは簿記3級の受験日だけを決め、その結果を見てから簿記2級の受験日を決める人に分かれます。

当社のデータによると、簿記2級の受験日まで決めた人が直近の簿記3級試験に合格する確率は50.6%だったのに対して、簿記3級の受験日しか決めなかった人が合格する確率は32.9%と、実に合格率に17.7%もの差が出ていました。このデータからは、簿記2級というより高い目標を予め設定して走り出した人のほうが、その手前にある簿記3級という目標も達成しやすいことが分かります。

行動経済学には「参照点バイアス」という言葉がありますが、人はどの地点を参照基準にするかによって自然とパフォーマンスが変わってくるのです。簿記2級を参照基準として走り出した人にとってみれば簿記3級はあくまで通過点でしかないため、そのぶん目標をクリアしやすくなるということです。これは、フルマラソンの練習をしている人はハーフマラソンを簡単に走れるようになるのとも似ています。

簿記3級の合格を目指す人は、できるかぎり簿記2級の受験日も決め、簿記3級の先も見据えた学習計画を立てるようにするとよいでしょう。

目標は近くに設定する

二つの目のポイントは、ずばり「目標はより近い未来に設定したほうが成果を出しやすい」という点です。簿記3級の試験は毎年2月、6月、11月の3回実施されています。初めて受験される方の場合、万全の準備をしてから受験をしようと思ってついつい試験月の目標を後ろ倒しにしてしまいがちですが、実はその選択は誤っています。

当社のデータによると、試験日の6ヵ月以内に勉強を始めた人の未受験率(途中で挫折してしまった人の割合)は21.4%だったのに対し、試験日の6ヶ月以上前に勉強を始めた人の未受験率は40.5%と実に19.1%も高くなっていることが分かりました。

このデータからは、よりタイトなスケジュールで目標設定をしたほうが、挫折することなく当日の試験日まで辿り着くことができる可能性が高まることが分かります。「このスケジュールだと試験日までに間に合わないかもしれない」と感じるほどの期間しか残されていないほうが、かえって結果はよくなるということです。

逆に、ゆっくり自分のペースでやろうと余裕を持ったスケジュールを設定しても、逆にその余裕が油断を生み、学習効率が上がらずに挫折する可能性が高くなってしまうのです。そのため、簿記3級の試験日を決める際は、できる限り直近の試験日に会わせるように心がけましょう。

まとめ

いかがでしょうか?一見すると「目標設定だけで合格率が変わることなどあるのか?」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、上記で説明した通り、どのような目標を立てるかはその後の人の行動に大きな影響を与えるため、適切な目標設定をすることから合格への道のりはスタートしているのです。

簿記3級はしっかりと目標を立てて計画的に勉強を進めていけば、初学者の方でも短期間で合格することが可能です。ぜひ目標の「高さ」と「近さ」の2つを意識して目標設定をしてみましょう。

なお、リンクアカデミーでは、簿記の勉強はまったく初めてという方、実務経験はあるものの体系的な勉強はしたことがないという方を対象に、簿記3級講座(BK3)を提供しています。

BK3は簿記初学者の方でも楽しみながら着実に力を身につけていけるカリキュラム構成となっており、BK3受講生の合格率は86.4%(平成28年6月実施の簿記3級試験・BK3受験生で試験1ヶ月前までに本科講座を終了された方)と試験全体の合格率34.2%を大幅に上回る実績を出しています。興味がある方はぜひ下記から講座の詳細をご確認ください。

【詳細ページ】簿記3級講座(BK3)の詳細を見る

【参照書籍】「3ステップでもう挫折しない! 脱・三日坊主の資格勉強法」小栗隆志・鬼頭政人著/中央経済社)

【参照サイト】簿記 | 商工会議所の検定試験 3級受験者データ