プログラミングスクールの選び方は習得言語・通い方・やりたいことを明確にすること!

プログラミングをきちんと学びたいのであれば、初心者でも失敗しないためのプログラミングスクール選びのポイントをおさえておきましょう。

プログラミング習得のために通うスクール!メリットは何?

プログラミングを習得するためにスクールに通う場合、具体的にはどのようなメリットがあるか、
気になるところですよね。そこで、プログラミングのスクールにはどんなメリットがあると思うのかについて調査を実施しました。

スクールのサポートが主なメリット?

  • 独学では理解できない部分も、スクールならわかりやすく教えてもらえる点がメリットだと思う。(30代/男性/正社員)
  • 分からないことを丁寧に教えてくれる事。(30代/男性/正社員)
  • 初歩的な所から学べる点。最初から独学は難しいので。(30代/男性/派遣社員)
  • 行けば強制的に学べるから怠けずにすむし、すぐにプロのアドバイスが聞ける。(30代/女性/正社員)
  • 他の人達と仲良く学べるのはやる気の維持に繋がるからメリットだと思う。(30代/男性/正社員)

【質問】

プログラミング言語習得のために、スクールに通うメリットは何だと思いますか?

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39
調査期間:2018年01月19日~2018年01月26日

まず、多かった意見としては「わかりやすく丁寧に教えてもらえる」ということでした。
基礎から学べることをメリットとして挙げる方もいるように、講師による手厚いサポートをスクールの魅力と感じる方が多いようですね。
また、「スクールなら怠らずに続けられる」「ほかの人と仲良く学べる」といった意見もあり、モチベーションの維持ができる点をメリットと感じる方もいるようです。これらのメリットをきちんと活かせるように、プログラミングスクールの選び方のコツを次の段落から詳しく見ていきましょう。

初心者のプログラミングスクール選びの注意点

1.習得言語

初心者がプログラミングスクールを選ぶときにまず考える必要があるのは、習得言語についてです。
プログラマーといっても、Web系をはじめ、オープン系やインフラ系、ネットワーク系などがあり、担当業務で扱う言語も異なります。
どのようなタイプのプログラマーを目指しているのかを基準に、習得言語を選択してみるといいでしょう。

プログラマーのタイプではなく、言語そのものにこだわりがある場合、
「なぜその言語を学びたいのか」よく考えてみることも大切です。
プログラミングスクールを通して学んだことが、将来どのように役立つのかをきちんと考えておかないと、
後になってやはり無駄だったと感じてしまう可能性があります。
そのような事態を招かないようにするためにも、希望の習得言語については早い段階で絞り込んでおきましょう。

2.通い方

学習するプログラミング言語を決めたら、次は通学かオンラインにするかを選びましょう。通学にもオンラインにもそれぞれメリットがありますから、希望のスタイルに合わせて決めるのが望ましいです。

まず通学の場合は、わからないことがあれば講師に質問できるという大きなメリットがあります。疑問だけではなく、学習でつまずきそうになった部分について相談することもできるでしょう。
オンラインの魅力は自宅で好きな時間を使って学習できる点です。そのため、多忙な人でも気軽にプログラミングを学ぶことができます。どちらも一長一短があるので、今のライフスタイルと照らし合わせて続けられそうだと思う方法を選んでみてください。

3.学習内容

プログラミングスクールでは、独自の課題に取り組みながら学んでいくカリキュラムが一般的です。ただ、その成果物の内容は、スクールの方針や講師によって様々です。Webサイトであったり、アプリであったり、ゲームであったり、スクールによって異なるので注意しましょう。

初心者であれば、どの成果物にも興味を持つかもしれませんが、きちんと絞り込んでおくのが得策です。自分が本当に作りたいものと、スクールで扱う成果物が合致していなければ、当初身につけたいと思っていたプログラミングスキルを学習せずに終わってしまいます。スクールで作れる成果物が何なのかをチェックすることを忘れないようにしましょう。

スクール以外に自宅の学習環境も整えよう!

スクールの選び方について取り上げてきましたが、スクールだけではなく、自宅の環境をきちんと整えることも忘れてはなりません。スクールで学んだことを自宅で復習するためのパソコンやネット環境、プログラミングソフトを用意しておきましょう。

スクールで学ぶだけではノウハウやテクニックを完璧にマスターするのはなかなか難しいですし、復習や予習をしておいたほうが、理解が深まります。さまざまな成果物を自主的に作成することでスキルアップに繋がりますし、修了後に就職活動をする場合は、成果物を実績としてアピールすることもできます。お金の問題で難しい場合には、自習室があるスクールを活用する方法もあります。自主勉強が十分にできるような環境への配慮もきちんとしておくと良いでしょう。

スクール選定は情報収集が大事!

初心者がプログラミングスクールを選定するときに何よりも大切なのは情報収集です。スクールから資料請求をしたり、Webサイトで調べたりするなどして情報収集を徹底し、自分に合ったスクールを探しましょう。ご希望やスタイルに合うスクールであれば、モチベーションを維持しやすく、より効果的に学ぶこともできます。スクールで失敗して後悔しないようにするためにも、妥協しないスクール選びを徹底してみてください。

「アビバプロのJavaプログラミング講座はこちら!」