学生からプログラミングスクールに通うメリットって何?

プログラミングの需要が高まるなかで、学生のうちからプログラミングスクールで本格的にプログラミングを学びたいと考える人は少なくありません。一体どんなところに注意してプログラミングスクールを選ぶべきなのか、学生のうちにプログラミングスクールに通うと得する事とは何なのかについて詳しく見ていきましょう。プログラミングスクール選びに悩んでいる学生はぜひチェックしてみてください。

費用の高い安いだけで決めるのは危険?

プログラミングスクール選びをするなら受講料だけで決めるのはNGです。受講料が安ければお得感があると感じやすいですし、高ければきちんとしたカリキュラムで学べそうというイメージがつきやすいかもしれません。

しかし、受講料の金額だけでスクールを決めるのではなく、学べる言語や課程内容、サポート体制など、ほかのポイントをチェックしてから決めましょう。
もちろん、充実した授業を受けるために予算をオーバーしたスクールに無理に通う必要はありません。予算が許す範囲内で最良のスクールはないかどうかを探してみるようにするといいでしょう。

プログラミング言語は学生のうちに習得したほうが良い?

プログラミング言語は学生のうちから習得しておいたほうがいいものなのでしょうか?勉強しようと思えば、社会人になってからでも学ぶことはできます。学生のうちに習得しておく利点としては何があるのかを調査するため、アンケートを実施してみました。

将来の選択肢を増やすには不可欠?

  • あらゆる職業で応用出来ると思うので学生のうちから習得しておくことで将来の選択肢を増やせると思います。(20代/男性/正社員)
  • 就職が有利になることがメリットだと思う。若いうちに覚えておけば、習得していない人と比べて、就職の選択肢が多くなる。習得している学生はそれほど多くないので、アピールポイントになる。(20代/女性/無職)
  • 色々と試すための時間があるので、トライアンドエラーを繰り返して学んでいける。(30代/男性/正社員)
  • 社会人になってからでは勉強の時間があまり取れないから。(30代/男性/正社員)
  • 暗記力が衰えてない事と柔軟性が高い事。(30代/男性/正社員)

【質問】
学生のうちにプログラミング言語を習得しておくメリットは何だと思いますか?

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39
調査期間:2018年01月19日~2018年01月26日

アンケートを実施してみたところ、まず多かったのは「将来の選択肢を増やせるから」という意見でした。就職で有利という回答もありましたし、若い学生のうちからプログラミングの勉強をしておくことで、将来が有利になると考える傾向があるようです。

また、「学生のうちは時間があるから」という意見も少なくありませんでした。勉学にじっくりと集中できることをメリットに感じている人もいましたが、社会人になってからは時間がないことを懸念している人も多数いました。ほかには、「若いからこそ暗記力や柔軟性がある」ことを理由に挙げている人もいました。

学生のうちにプログラミングを学ぶメリットは多数あると言えそうですね。

学生がプログラミングスクールに通うメリットは大きい!

アンケート段落でも取り上げましたが、学生がプログラミングスクールに通う場合、まずは就職面で得られるメリットが大きいと言えます。プログラミング言語を習得していると、就職活動の際にスキルとしてアピールできるため、就職に有利になります。仮に就職後の仕事が上手くいかなくなってしまったとしても、プログラミングスキルを活かして転職や在宅ワークで稼ぐという方法もあります。
学生のうちに学んでおけば、時間を無駄にすることなく将来の選択肢を広げられるでしょう。また、学生のうちにプログラミングスクールに通うことで、就職先のアドバイスを貰えるというのも魅力のひとつです。スクールでスキルを身につけながら、業界・職種により、何の言語をどれくらいのレベル習得すればいいのか、どうすれば有利に就職活動を進められるのかについて、相談もできるでしょう。

このように、学生がプログラミングスクールに通うメリットは数多くあります。特に、プログラマーとして就職したいと考えているのならスクールに通わない手はありません。社会人よりも勉学に集中できますし、より効率的にスキルアップをしていきたいのなら、学生のうちから勉強しておいたほうがいいのは間違いないでしょう。

プログラミングスクールはかかる費用だけではなく費用対効果が重要

学生の場合だとどうしても受講にかかる費用は気になってしまいがちなものです。しかし、プログラミングスクール選びで大切となるのは、あくまでも費用対効果です。受講内容が充実しているかどうか、そしてそれに見合った費用かどうかをきちんと見極めたうえで、バランスの取れたスクールを選ぶようにしましょう。スクール選びが上手くできれば、より効果的にプログラミングを学ぶことができます。将来を有利にするためにも、慎重なスクール選びを徹底しましょう。

パソコンスクールアビバでは、基礎から実務でよく使う機能を、一人ひとりのレベルや目的に合わせたカリキュラムで身につけられます。初心者から始めてお仕事などで活躍する方も多く、独自の自己診断ツール「BRIDGE-C」により、どのようなスキルを身に付ければ今後の目標に近づけるのかが分かりますので、何から始めればいいのか分からない方も最短ルートで将来に向けた準備ができます。