過去問対策が合格の秘訣!資格スクール大栄の宅建士講座をおすすめする理由

宅建士資格は不動産売買や賃貸の仲介などに必須となる資格であり、不動産を持つことは経済活動を行う上での基盤となるため、不動産業界以外でも重宝される国家資格の一つですが、合格率は15%前後と難関試験の部類に入ります。
そこで今回は、人気の宅建士試験について合格のカギとなる過去問対策の重要性や、資格スクール大栄の宅建士講座をおすすめする理由を分かりやすく説明します。宅建士試験に効率よく合格したい方はぜひ参考にしてみてください。

1.宅建士試験対策には過去問対策が大事!

毎年20万人前後が受験する宅建士資格は人気の国家資格の一つといえます。まずは、試験の概要について簡単に確認し、なぜ宅建士試験に過去問対策が必要なのかを確認してみましょう。

1-1.宅建士試験の概要

宅建士試験とは宅地建物取引士資格試験のことで、各都道府県知事の委任を受けた一般財団法人不動産適正取引推進機構が実施しています。試験問題は全50問で、四肢択一式による120分間の試験です。例年合格には50問中35問前後の正答が必要で、過去10年の合格率は15%~18%の試験となっています。四肢択一式の試験ですが、合格のための正答率が7割以上必要な試験なので、民法や宅建業法をはじめとする法律の知識と問題練習の習熟度が問われる試験内容となります。

1-2.過去問対策が大切な理由

宅建士試験では過去問と同様の問題が頻出する傾向があるため、受験勉強では過去問対策が欠かせません。ただ、法律改正などの新しい論点や過去に出題されていない問題も出題されるので、過去問対策だけをすれば合格できるわけでもありません。しかし、過去問と同じ傾向の出題が半数以上を占めるため、過去問対策を徹底することは合格するための近道と言えるでしょう。

なお2017年5月に「民法の一部を改正する法律」が成立し、2020年4月1日より施行されるため、2020年から試験傾向が様変わりする可能性もあります。改正内容として、民法制定以来ほとんど改正されなかった債権法の改正も含まれており、中でも「契約に関する規定」を中心に見直しが行われています。

つまり、取引に関する基本的なルールを定めた法律が変わることから、改正後は宅建士試験をはじめとする法律関係の資格試験に影響が出る可能性があります。出題傾向が大きく変わる可能性もあるため、2020年度以降の試験は従来とは違った試験対策が必要になることも予想されます。過去に宅建士試験を受験したことがある方にとっては、法律改正前の年であり、これまでに学習した知識を活かして試験に臨むことができる最後の年となります。法律改正後は改正論点について新たに学習し直す必要も出てくるため、新論点の対策が課題になるでしょう。

このように法律関係の資格試験では法律改正は避けて通れませんが、宅建士試験に関する全ての法律が改正されるわけではないので、従来通りの過去問対策とポイントを押さえた改正論点の学習によって合格を狙うことは十分可能です。ただ、独学で合格を狙う場合、改正内容について十分な対策ができない可能性があるため、資格スクールを利用するのがおすすめです。

2.資格スクール大栄の宅建士講座がおすすめな3つの理由

宅建士資格で効率よく過去問対策をするためには、資格スクール大栄の宅建士講座がおすすめです。資格スクールの大栄では、理解度を高めるため、テキストや過去問題集に次のような工夫が施されています。分かりやすい講義と続けやすいカリキュラムを併せることで効率的な学習が行えます。

  1. チャートとイラストを組み合わせた図解で理解度UP
  2. 表など視覚的に理解できる工夫が豊富
  3. 過去の試験を徹底分析「ここがこう出る」

2-1.チャートとイラストを組み合わせた図解で理解度UP

資格スクール大栄の大きな特徴の一つとして「分かりやすい講義・教材・カリキュラム」が挙げられます。なかでもチャートとイラストを組み合わせた図解を駆使したテキストは受験生にも定評があり、効率的に学習できる教材として人気です。宅建士試験は難しい法律用語の正確な理解が求められる試験なので、分かりにくいポイントにはフローチャートとイラストを使用し、具体的にイメージできるような工夫が施されています。法律用語に不慣れな、初めて宅建士試験の勉強をする方でも効率的に学習することが可能です。

2-2.表など視覚的に理解できる工夫が豊富

資格スクールの大栄で使用されているテキストは表や項目分け、箇条書きによる記載で初心者の方にも分かりやすく作られています。複雑な長文も表などを使って整理することで視覚的に理解しやすくなり、資格試験初心者の方だけではなく、ある程度法律用語に慣れている受験生にも好評です。表や箇条書きをふんだんに使用することで、忙しい社会人の方や時間のない方でも勉強時間を短縮して学習することが可能です。

2-3.過去の試験を徹底分析「ここがこう出る」

資格スクールの大栄では、宅建士試験を知り尽くした専任講師の監修により、過去の試験問題を徹底分析しています。「ここがこう出る」という出題頻度の高いポイントを押さえ、法律用語や規定についてのフォローだけでなく、重要なキーワードや「ひっかけ問題」を見抜く独自のテクニックも満載です。

過去問題集には過去10年に出題された全問題が収録されており、テキストと相互補完しながら合格に必要な知識を効率良く身につけることができます。さらに試験前には「For You答練」で自分の弱点分野を重点的に繰り返し、その後の模擬試験で合格するために必要な得点力をアップすることも可能です。法律の改正論点も含めた試験の全範囲を一通り学習するカリキュラムとなっており、受講者の負担を考慮した学習システムが魅力です。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。宅建士試験は、過去の試験傾向から過去問を重点的に学習することが合格への近道となります。もちろん過去問対策だけが全てではなく、2020年度の民法改正を控え、新しい論点を効率よく押さえる必要があります。

資格スクールの大栄では、重点的な過去問対策だけではなく、改正論点についても徹底分析し、出題が予想される問題にいち早く対応することが可能です。勉強方法で悩んでいる方は、効率良く短時間で合格を掴める資格スクール大栄の宅建士講座をぜひ検討してみてください。

資格スクール大栄の宅建士(宅地建物取引士)資格講座の詳細を見る