就職斡旋つきの無料プログラミングスクールってどう?

プログラミングスクールで学習したい人の中には、「プログラミングについて知りたいから」という方から「今後の就職や転職に役立てたい」という目的で通う人まで多くいらっしゃいます。
また、就職斡旋つきのプログラミングスクールも多く存在しますが、その中には無料で経営しているスクールもあります。一体なぜ無料で経営できるのか、就職斡旋の効果はどれほどのものなのかを知っておきたいですよね。そこで、就職斡旋つきの無料プログラミングスクールの現状について取り上げました。

なぜ無料で経営できているの?無料プログラミングスクールの仕組み

無料プログラミングスクールが存在している理由ですが、単なるボランティア活動によるではありません。プログラマーの不足により、無料による学生の受け入れ体制を確立しているためです。無料で経営できるプログラミングスクールは、提携先の企業から収益を得ています。スクールが授業を通して人材を育成し、その後に就職希望者に仕事を斡旋します。提携先に就職が決まったら、その企業がスクールにお金を払うという仕組みです。

つまり、学生が受講料を支払わなくても、企業側が代わりに支払ってくれるので受講料がかからないというわけです。企業を問わず、プログラマーとして就職したいという人にとっては画期的なスクールだといえるでしょう。もちろんプログラミングスクールは受講料がかかるところが主であり、無料で受講できるようなスクールはごく一部に限られます。

就職斡旋つきの無料プログラミングスクールでも就職できるとは限らない

就職斡旋つきの無料プログラミングスクールで就職を斡旋されたからといって、必ずしも就職できるとは限りません。就職斡旋サービスはあくまでも就職を斡旋するものであり、確約というわけではないので十分に気を付けましょう。

無料と有料… プログラミングスクールに通うならどっち?

プログラミングスクールには無料と有料がありますが、どちらのほうがいいと思うものなのでしょう?20-30代の男女100人を対象に「有料スクールと無料で就職斡旋のあるスクールならどちらを選ぶのか」アンケートを取ってみました。

【質問】プログラミングスクールに通うなら、次のうちどちらが良いですか?

【回答結果】
有料スクール : 68
無料で就職斡旋のあるスクール : 32

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39
調査期間:2018年01月19日~2018年01月26日

有料スクール派が約7割!

アンケートを取ったところ、なんと全体の約7割の人が有料スクールを選んでいました。

  • IT系企業は斡旋された所に収まってしまうより、 自分で自分がマッチしていると感じる所に就職した方がいいだろうから後者。(30代/男性/正社員)
  • 就職先が限定されているより自分で選択したいから。(20代/女性/パート・アルバイト)

回答の多くは「就職先を自分で選びたいから」というものでした。就職斡旋があるとなると就職先を決められてしまうというイメージが強いようですね。

  • 無料であるし先が決まっているのなら安心して学べる。(30代/男性/無職)
  • お得に通いたいからです。(30代/女性/パート・アルバイト)
  • まずは無料で自分に向き不向きか確かめたい。(20代/女性/正社員)

無料スクールを選んだ人は何よりも「費用がかからない」ことに魅力を感じている人が多いようです。お得感があるうえに気軽に通えそうだという点にメリットを感じやすいのかもしれません。また、就職斡旋をメリットだと感じている人も複数いました。

調査の結果、主に「就職先を選びたい」という理由から有料スクールを選んだ人が多かったです。しかし、就職斡旋を魅力的に感じている人も少なくありませんでした。金額にとらわれずに講座内容についてもしっかり精査してどのプログラミングスクールにすべきかを判断していきましょう。

プログラマーの需要は高い!スクールで本格学習がおすすめ!

現在のIT業界の人材不足は深刻です。日本の実態を見ると、この数年間で最もIT人材の不足感が高まった2014年度では、実に87%※(※1出典:独立行政法人情報処理推進機構 「IT人材白書2017」)ものIT企業が「大幅に不足している・やや不足している」と回答しています。特に、国内では世界で最もよく使われているプログラミング言語であるJavaの使い手が足りず、IT企業同士の人材獲得競争は年々激しさを増しています。

このように、プログラマーの需要は非常に高く、プログラミングについて学んでおけば確実に就職先の選択肢は広がります。現場で役立つようなスキルを身に付けたいのなら、独学ではなく、スクールで本格的に学んでいきましょう。金額にとらわれず、カリキュラムの内容や評判などを元に就職斡旋の無料スクールにすべきか、有料スクールにすべきかを決めることをおすすめします。あくまでもしっかりとしたスキルアップに繋がるようなスクール選びを心がけましょう。

パソコンスクールアビバでは、基礎から実務でよく使う機能を、一人ひとりのレベルや目的に合わせたカリキュラムで身につけられます。初心者から始めてお仕事などで活躍する方も多く、独自の自己診断ツール「BRIDGE-C」により、どのようなスキルを身に付ければ今後の目標に近づけるのかが分かりますので、何から始めればいいのか分からない方も最短ルートで将来に向けた準備ができます。

関連記事:「学生からプログラミングスクールに通うメリットって何?」
「プログラミングスクールの選び方は習得言語・通い方・やりたいことを明確にすること!」

「アビバプロのJavaプログラミング講座はこちら!」