行政書士資格取得には独学よりも資格スクールがおすすめな3つの理由

幅広い法律知識を活かして活躍の場を広げている行政書士の資格を取得するには、独学よりも資格スクールを活用するのがおすすめです。資格スクールではポイントを押さえた学習が可能となり、合格に必要な知識を短時間で身につけられます。今回は、資格スクールの大栄について、行政書士講座の概要や資格スクール大栄を活用するメリットを詳しく見ていきます。短期間で行政書士資格を取得したい方はぜひ参考にしてみてください。

1.大栄の行政書士講座とは?

行政書士試験は幅広い法律知識が問われる試験です。憲法や行政法、民法、商法、基礎法学など法令に関する出題範囲は多岐にわたり、さらに文章理解や政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護などの一般知識まで対策が必要になります。幅広い分野から出題される上、さらに科目ごとに足切りも設けられている厳しい試験といえます。

1-1.行政書士試験の合格基準

  • 「行政書士の業務に関し必要な法令等」科目の得点が満点の50%以上
  • 「行政書士の業務に関連する一般知識等」科目の得点が満点の40%以上
  • 試験全体の得点が満点の60%以上

行政書士試験は合格基準である60%以上の得点を単純に目指すだけではなく、それぞれの科目で平均的に得点しなければ合格できません。このような難関国家試験を社会人の方などが限られた時間で突破するためには、ポイントを押さえた効率的な学習と勉強時間の確保が課題になります。

1-2.行政書士試験なら資格スクールの大栄

資格スクール大栄の行政書士講座では、行政書士試験対策に重要な「数多くの分野において、“苦手を作らないように”継続して勉強する」ことを目標としたカリキュラムが用意されています。出題範囲が広範な行政書士試験では、苦手な論点を正確に把握し、継続して対策するのが合格への近道です。大栄の行政書士講座はこうした学習を可能とするための、様々な工夫が凝らされています。

For You答練

単元ごとに実施されるチェックテストで苦手分野を分析し、個人別でオーダーメイドされた答案練習を通してその克服を手助けしてくれます。

受講しやすい低価格

継続して勉強したい方にとって資格スクールにかかる費用は大きな問題です。大栄の行政書士講座では、資格スクエアとの提携によるインターネットと教室での学習スタイルを両立させ、低コストで受講できます。

最強の講師陣によるバックアップ

信頼と実績のある講師陣が毎年の試験傾向を徹底的に分析し、厳選された指導内容で強力にバックアップしてくれます。

「続けられる」が合格につながる

大栄では講座内容だけではなく、「勉強を継続すること」も重要視しています。独自のモチベーション診断を活用したスケジューリングの提案などもしてもらえるため、受講者それぞれのペースに合わせた継続学習が可能です。

このように独学では難しいモチベーションの維持やポイントを押さえた学習ができる上、様々なサポートを得られるのが資格スクール活用の大きなメリットです。

2.資格スクール大栄の行政書士講座をおすすめしたい3つのポイント

資格スクール大栄の行政書士講座では、苦手分野を克服する継続的な学習を可能とするための3つのポイントがあります。

  1. わかりやすい講義・教材・カリキュラム
  2. 自己キャリアの充実度を測り強化ポイントを確認するBRIDGE-C
  3. 挫折をさせないサポーター(LOCS、キャリアナビゲーター)

2-1.わかりやすい講義・教材・カリキュラム

講義に関しては、信頼と実績のある講師陣が過去の試験傾向を徹底的に分析したわかりやすい授業を行ってくれます。特に、過去問対策が重要となる行政書士試験では試験傾向を的確にとらえた講義が大きな力となり、無理なく受講できるシステムも継続的に学習する環境を支えてくれます。

働きながら、または大学や高校に通いながら国家資格を目指す場合、継続学習がとても大切です。大栄では、資格学習の時間が取れる時間にオンデマンド講座でインプット学習を行います。そして、模試などの習得度をモニタリングするアウトプットは教室で行います。学習の遅れや苦手部分の克服などはキャリアナビゲーターに相談できますので、時間が取れない方でも学習計画や、計画通りいかなかったときの修正をしっかりサポートしてもらえます。このように、さまざまな受講スタイルをサポートしており、個人の学習ペースに合わせて無理せず受講を継続できる環境が整っています。

教材については、要所となる論点を重点的に網羅したテキストと、本試験に向けた問題演習も十分にこなせる質と量を伴った問題集が効率的な学習を支えてくれます。他の教材に手を広げる必要がなく、大栄の教材のみで合格レベルに達することも可能だと受講生からも評判です。

カリキュラムについては社会人の方でも無理なくマイペースで学習できるような体制が整えられています。選べる受講スタイルと使用しやすい教材で試験に必要な知識を蓄積し、本試験前の答案練習などで応用力を身につけられます。

2-2.自己キャリアの充実度を測り強化ポイントを確認するBRIDGE-C

BRIDGE-Cとは、行動経済学や心理学に関する質問に答えることで自分自身の分析ができる診断サービスです。自分自身を客観的に分析することで長所を生かした学習方法を採用できるようになります。苦手分野対策でも分析結果に応じたフォローを行うことで強化すべきポイントの確認ができます。

さらに、一人ひとりに合わせた学習方法の提案が可能で、短期間で合格を目指す方やじっくり勉強に取り組みたい方にも快適な学習を提供できます。自分自身のストロングポイントを的確に把握できれば、資格試験のみならず、将来の就職や転職、キャリアアップに向けた分析まで行うことができます。

2-3.挫折をさせないサポーター(LOCS、キャリアナビゲーター)

資格試験の学習を続けていく中で天敵となるのが「挫折」です。行政書士試験は年に1回しか実施されないため、長い期間にわたってモチベーションを維持する必要があります。しかし、仕事や学校などが忙しくて学習時間を確保できず、生活のリズムや体調を崩して挫折する受験生は少なくありません。

このような場合でも頼りになるのがLOCS(リンクアカデミー オンライン コンシェルジュ サービス)という大栄独自のサービスです。LOCSとはオンラインで専任講師に学習方法やスケジュール、内容について相談できるサービスで、受験生の学習に関する相談に細やかに対応してもらえます。例えば、試験まで残り1か月の時、直前の学習スケジュールについてLOCSで相談すれば、短期間でも合格に近づくための学習スケジュールを立てられます。単元ごとに実施されるチェックテストの点数などをもとに勉強方法なども相談でき、客観的かつ論理的に弱点の克服に取り組めます。

また、キャリアナビゲーターも学習を続けていく上で頼りになる存在です。キャリアナビゲーターは、モチベーションタイプによる診断を行い、各個人に合わせた学習の進捗管理を手助けしてくれます。個人ごとの挫折しやすいシチュエーションを的確に把握し、適切な目標設定などを行うことで挫折しにくい環境を整えてくれます。資格スクールの大栄では、このように受験生を挫折させないサポーターが計画的な学習を後押ししてくれます。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。複雑な法改正が行われる中、幅広い法律知識が必要となる行政書士試験も学習範囲が広がっています。しかし行政書士試験で問われるのは、広く浅い知識ではなく、広く深い知識です。限られた時間で膨大な学習量を効率的にこなすには、資格スクールを活用した学習方法が有効です。特に、資格スクールの大栄では効率的な学習だけでなく、合格に近づくための継続できる学習を後押ししてくれます。行政書士資格の取得を考えている方はぜひ検討してみてください。

【詳細ページ】資格スクール大栄の「行政書士資格講座」の詳細を見る