宅建士
宅建士(宅地建物取引士)資格は、建物や土地に関する法律、取引や技術などの専門知識を保有し、不動産を購入する顧客に対して重要事項を説明するなど重要な役割を担っています。宅建士は、一般企業や金融機関等での金融サービスに係る相談や助言業務を行える国家資格として人気の資格のひとつです。

ここでは、宅建士資格を取得するメリットやコツ、リンクアカデミーが提供する資格講座などについて触れながら、皆様のキャリアアップに役立つ情報をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの宅建士記事

宅建と簿記はどっちがおすすめ?資格取得後のキャリアも徹底解説

宅建は不動産取引のスペシャリストとして重宝される人気資格です。一方、簿記は企業活動に必要不可欠な会計知識を身につけられる資格で、経理部などの専門部署で働く人にとって必須となっています。最近は、宅建も簿記も有資格者の活躍の…

過去問対策が合格の秘訣!資格スクール大栄の宅建士講座をおすすめする理由

宅建士資格は不動産売買や賃貸の仲介などに必須となる資格であり、不動産を持つことは経済活動を行う上での基盤となるため、不動産業界以外でも重宝される国家資格の一つですが、合格率は15%前後と難関試験の部類に入ります。 そこで…